賞与を支払ったとき 社会保険加入手続代行センター・大阪

社会保険加入手続代行センター 大阪 大野照雄社労士事務所
社会保険加入手続代行センター HOME 社会保険加入手続代行センター メリット 社会保険加入手続代行センター 手順 社会保険加入手続代行センター 事務所概要 社会保険加入手続代行センター メール
 A:社会保険の概要
 
 B:事業を開始したとき
 
 C:従業員を雇入れたとき
 
 D:従業員が退職したとき
 
 E:保険給付に関する手続
 
 F:年次業務の手続
 
  賞与を支払ったとき
賞与(年3回以下)が支給された時、健康保険・厚生年金保険の毎月の保険料と同じ率の保険料を納めます。賞与の保険料は標準賞与額に基づいて決められます。この標準賞与額とは1回ごとの賞与支給額から1,000円未満を切り捨てた額です。

尚、健康保険では年間支給額が540万円(保険者単位で毎年4月1日~翌年3月31日までの累計額)、厚生年金保険では1回の支給額が150万円を限度とし、それを超える分については保険料はかかりません。

賞与の保険料額は標準賞与額×保険料率で計算し毎月の保険料と同様に、事業主と被保険者が折半して負担します。


手続
事業主は賞与の支給日から5日以内に、事業所の所在地を管轄する年金事務所へ下記の届出を行います。


届出の種類
○被保険者賞与支払届
→年金事務所から配布された届出用紙にすでに被保険者の氏名、生年月日等が印字されており、支払年月日や被保険者ごとの賞与額などを記入します。

○被保険者賞与支払届総括表
→年金事務所から被保険者賞与支払届の用紙と併せて配布されます。すでに事業所整理記号や事業所番号等が印字されており、賞与支給総額や被保険者数などの必要事項を記入します。
※この届出をもとに、賞与にかかる保険料が計算され、毎月の保険料と合算され、原則として、支給月の翌月に納入告知されますので月末までに納入します。

社会保険加入手続代行センター 大阪 大野照雄社労士事務所
お電話でのお問い合わせはこちら
06-6147-6475 (月~金 9:00~18:00)
© 2011 大野輝雄社労士事務所 all rights reserved