社会保険の取得手続 社会保険加入手続代行センター・大阪

社会保険加入手続代行センター 大阪 大野照雄社労士事務所
社会保険加入手続代行センター HOME 社会保険加入手続代行センター メリット 社会保険加入手続代行センター 手順 社会保険加入手続代行センター 事務所概要 社会保険加入手続代行センター メール
 A:社会保険の概要
 
 B:事業を開始したとき
 
 C:従業員を雇入れたとき
 
 D:従業員が退職したとき
 
 E:保険給付に関する手続
 
 F:年次業務の手続
 
  社会保険の取得手続
下記の基準を満たしている場合、被保険者に扶養されている75歳未満等の家族も健康保険に加入し、給付をうけることができます。
又、20歳以上60歳未満の被扶養配偶者は国民年金に第3号被保険者として加入します。


健康保険被扶養者の該当基準
○ 主として被保険者により生計が維持されていること

○ 一定の範囲の親族であること
・・・健康保険の被扶養者となれるのは主として被保険者本人の収入により生計を維持されている配偶者(内縁関係でもよい)子、孫、弟妹、父母、祖父母です。また、その他の3親等内の親族も同居して生計を維持されていれば被扶養者となれます。

○ 年間収入が130万円未満(60歳以上の場合等は180万円未満)であり、かつ、
同居の場合は・・・
 被保険者の収入の半分未満であること
 被保険者の収入の半分以上であるが、被保険者の年収を上回らず、総合的
 に判断して被保険者本人の収入が世帯の中心となっていると認められること
別居の場合は・・・
 被保険者からの仕送り額(援助額)より少ないこと

※この基準のみで一律に決めるのではなく、総合的に生活の実情に応じて判断されます。
社会保険加入手続代行センター 大阪 大野照雄社労士事務所
お電話でのお問い合わせはこちら
06-6147-6475 (月~金 9:00~18:00)
© 2011 大野輝雄社労士事務所 all rights reserved