被保険者になる人とは 社会保険加入手続代行センター・大阪

社会保険加入手続代行センター 大阪 大野照雄社労士事務所
社会保険加入手続代行センター HOME 社会保険加入手続代行センター メリット 社会保険加入手続代行センター 手順 社会保険加入手続代行センター 事務所概要 社会保険加入手続代行センター メール
 A:社会保険の概要
 
 B:事業を開始したとき
 
 C:従業員を雇入れたとき
 
 D:従業員が退職したとき
 
 E:保険給付に関する手続
 
 F:年次業務の手続
 
  被保険者になる人とは
被保険者になるか、ならないかは就労の実態や内容などを総合的に判断し、自由に決められません。


健康保険・厚生年金保険の被保険者になる人
健康保険や厚生年金保険では国籍、年齢、性別、報酬の多少などに関係なく、適用事業所に常用的に使用される人であれば被保険者になります。

厚生年金保険は適用事業所に使用される人であっても、70歳になると被保険者の資格がなくなります。70歳以上の人は原則として健康保険だけに加入することになります。75歳になると、健康保険の被保険者資格もなくなり、後期高齢者医療制度に加入します。

パートタイマー等の短時間就労者でも、下記の3つの条件を満たせば被保険者となります。
①雇用期間が2ヶ月を超えること
②1日又は1週間の所定労働時間が一般労働者の概ね3/4以上であること
③1ヶ月の所定労働日数が一般労働者の所定労働日数の概ね3/4以上であること


労災保険の被保険者になる人
パートタイマーやアルバイトであっても事業主に雇用されている労働者は全て対象となります。


雇用保険の被保険者になる人
適用事業に雇用される労働者は原則、被保険者となります。

パートタイマー等の短時間就労者でも、下記の2つの条件を満たせば被保険者となります。
①1週間の所定労働時間が20時間以上であること
②31日以上の雇用見込みがあること
※ただし下記については被保険者となりません


雇用保険の被保険者とならない人
・65歳に達した日以後に新たに雇用される人(65歳以上の労働者の場合は、65歳前から引き続き同一の事業主に雇用されている人は被保険者になります。)
・1週間の所定労働時間が同じ事業所に雇用される正規従業員よりも短く、かつ30時間未満の者で季節的に雇用される人及び短期の雇用(1年未満の雇用)に就くことを常態とする人。
・雇用保険法第43条第1項各号のいずれにも該当しない日雇い労働者
・4ヶ月以内に期間を予定して行われる季節的事業に雇用される人。
・船員保険法の規定に基づく船員保険の被保険者
・国、都道府県、市町村、その他これらに準ずるものの事業に雇用される人のうち、離職した場合に、他の法令、条例、規則等により支給を受ける諸給与の内容が雇用保険の失業給付の内容を超えると認められる省令で定めるもの。
・船員雇用促進センターに雇用される労務供給船員

社会保険加入手続代行センター 大阪 大野照雄社労士事務所
お電話でのお問い合わせはこちら
06-6147-6475 (月~金 9:00~18:00)
© 2011 大野輝雄社労士事務所 all rights reserved