社会保険に加入する義務のある事業所 社会保険加入手続代行センター・大阪

社会保険加入手続代行センター 大阪 大野照雄社労士事務所
社会保険加入手続代行センター HOME 社会保険加入手続代行センター メリット 社会保険加入手続代行センター 手順 社会保険加入手続代行センター 事務所概要 社会保険加入手続代行センター メール
 A:社会保険の概要
 
 B:事業を開始したとき
 
 C:従業員を雇入れたとき
 
 D:従業員が退職したとき
 
 E:保険給付に関する手続
 
 F:年次業務の手続
 
  社会保険に加入する義務のある事業所
健康保険・厚生年金保険は事業所単位で加入しなければならないことが法律で定められています。
法律によって加入が義務づけられている事業所を強制適用事業所といい事業主や従業員の意思に関係なく加入することになります。


強制適用事業所の要件
 次の事業を行い常時5人以上の従業員を使用する個人事業所
①製造業 ②土木建築業 ③鉱業 ④電気ガス事業 ⑤運送業 ⑥清掃業 ⑦物品販売業 ⑧金融保険業 ⑨保管賃貸業 ⑩媒介周旋業 ⑪集金案内広告業 ⑫教育研究調査業 ⑬医療保健業 ⑭通信報道業 ⑮貨物積卸業 ⑯社会福祉事業

 常時、従業員を使用する法人の事業所
 法人事業所は業種や人数に関係なく、全ての強制適用の対象です。従って社長1人の会社でも加入することになります。
※ 尚、5人未満の個人事業所と、5人以上であってもサービス業の一部や農業・林業・漁業などの個人事業所は強制適用にはなりません。

社会保険加入手続代行センター 大阪 大野照雄社労士事務所
お電話でのお問い合わせはこちら
06-6147-6475 (月~金 9:00~18:00)
© 2011 大野輝雄社労士事務所 all rights reserved